042-773-9416
インプラントimplant

インプラント

インプラント
インプラントとは、抜けた歯の顎の中に、人工的な歯根(インプラント)を埋め込み、その上に天然歯に近い人工歯を取り付け、元の自分の歯の状態に近く仕上げる治療法です。
ブリッジの場合には周りの歯を削ってブリッジにするため、他の健康な歯も削られてしまいます。又、ものを噛む時に歯のない部分の負荷を周りの歯で負担するため健康な歯が傷みやすくなります。
しかし、インプラント治療の場合には健康な歯を削る事が無くインプラントを入れます。又、ものを噛んだときの負担を周りの歯に与えなくて済みます。固定性であるため、義歯のようにガタついたりせず、自分の歯のように噛めます。

細谷歯科でのインプラントについて

細谷歯科では、様々な種類のインプラントシステムを取り扱っております。
日本生まれの日本人のために作られたケンテック社による日本製のインプラントを使用している為、安心安全です。

インプラント治療の流れ

診断と治療計画
レントゲンなどによる十分な診断を行いインプラント治療に関する説明を受けます。

インプラント治療の流れ

インプラント手術
麻酔を行い、あごの骨にチタン製のインプラントを埋め込みます。
当院では切開はしないので、内出血や腫れたりする事はほとんどありません。
(当日シャワー可、入浴は翌日から)

インプラント治療の流れ

治癒期間
インプラントと骨がしっかり結合するまで3~4ヶ月待ちます。
※一般的には、上のあごの骨に埋めた場合の方が結合までに時間がかかります。
※骨の質などにより個人差があります。

インプラント治療の流れ

歯を取り付ける
インプラントに歯の土台となるパーツを取り付け、人工の歯を作り取り付けます。

インプラントを長持ちさせるためには?
インプラントに歯をかぶせてからのメンテナンスが重要になります。

インプラント
天然歯と同様に、毎日の歯みがきは欠かさないで下さい。 インプラントの周囲が不潔になると、腫れやうみが出て、骨の吸収が起こりインプラントが抜ける可能性があります。
ただし、早めの対処で止めることが出来ます。定期検診を行って下さい。
インプラントには神経がないため、天然歯のように悪くなっても自覚症状はありません。自覚症状が出たときには手遅れになります。3ヶ月~6ヶ月に1回の検診を受けて下さい。

かみ合わせが変わったら、先生の指示を受けて下さい。
インプラントの治療後、歯を抜いたり、歯がグラグラしたまま放置すると、かみ合わせのバランスが崩れ、インプラントや残った歯に悪影響が出る可能性があります。
正しい歯みがき、定期検診を受けましよう。

インプラントQ&A

Q誰でもできますか?
A

年齢の制限はありませんが、骨の成長が終了した20歳位から可能です。
ただし、高齢になりあごの骨が退縮した方や全身疾患のある方、ヘビースモーカー、アルコール依存症の方、骨粗鬆症の方、糖尿病などの全身疾患がある方、妊娠中の方はインプラント治療ができない場合があります。オペ時間は1本15分~30分程度です。

Q痛みはありますか?
A

麻酔を行ってからインプラントを埋入しますので、痛みはほとんどありません。
ただし、麻酔がきれてからまれに1日~2日は痛みや腫れがでる場合があります。

Q治療期間はどのくらいかかりますか?
A

インプラント埋入手術を行ってから、インプラントと骨がしっかりと結合するまでに3、4ヶ月位かかります。
さらに歯の部分を作るために1週間かかります。

Q保険でできますか?
A

インプラント治療は現在のところ、保険ではできません。
治療費は埋入本数や歯の部分の材質により異なります。

PAGETOP